協会案内
会長ご挨拶/銀行業務検定試験とは銀行業務検定協会について銀行業務検定試験の特長
会長ご挨拶

多様化する顧客ニーズに応える人材育成のために

銀行業務検定協会会長
髙木 祥吉

日本社会における少子高齢化の進展が懸念されるなか、個人分野では、相続や年金にかかる問題がクローズアップされています。また、法人分野においては、企業の海外取引や海外進出が増加するなどグローバル化が進んでいます。さらに、地方創生という重要課題に関し、金融機関の果たすべき役割に対する期待が高まっています。
このような金融環境の変化に伴い、金融機関の業務がますます多様化・複雑化するなか、金融機関は、的確に顧客ニーズを把握し対応することが求められます。そのためには、金融取引における高度な知識や十分な実務能力を身につけた人材の育成が必要不可欠であります。
銀行業務検定協会は、1968年2月に金融界初の試みとして「銀行業務検定試験」をスタートし、2017年には設立50周年を迎えます。
この間、「銀行業務検定試験」は、金融機関の業務を遂行するうえで必要とされる実務知識および技能・応用力の習得度合いを測定する試験として、金融業界を中心に広く定着し、自己啓発の動機付けや履修効果の測定手段として、さらには人事考課の参考資料等としても活用されています。
現下の厳しい経済金融環境のもとで、金融機関が経営基盤を強化し、社会や地域の発展に貢献し成長していくうえで、「専門性が高く、顧客ニーズに的確に対応できる人材の育成」は最も重要な課題であります。
「銀行業務検定試験」は、金融機関のこのような人材育成の要請に応えるべく、日々、内容を精査し、ニーズを捉えた試験問題の充実に努めており,十分にご活用いただけるものと自負しております。

●髙木祥吉(たかぎ しょうきち)略歴
1971年大蔵省(現財務省)入省、金融庁長官、株式会社ゆうちょ銀行社長、日本郵政株式会社副社長、アフラック特別顧問、早稲田大学大学院ファイナンス研究科客員教授などを歴任。現在、株式会社日本格付研究所社長。

銀行業務検定試験とは

 「銀行業務検定試験」は、当協会の母体である㈱経済法令研究会が行っている教育研修事業のフォローないし最終ゴールとしての目標として企画・立案されたものです。主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、どなたにもご受験いただける公開の検定試験です。実務能力水準の向上に寄与することを願って1968年2月からスタートしました。
現在、法務・財務・税務・外国為替・金融経済・証券・信託実務・法人融資渉外・個人融資渉外・FA・窓口セールス・年金アドバイザー・営業店管理・融資管理・デリバティブ・投資信託・保険販売・金融リスクマネジメント・経営支援アドバイザー・預かり資産アドバイザー・金融商品取引・相続アドバイザー等の23系統37種目の試験が実施されており、年間受験応募者数は約28万人を数えるに至っています。
2016年3月実施の第133回銀行業務検定試験において、受験応募者が累計で950万人を突破しました。この実績を糧とし、今後もより実務に役立つ、より皆様にご信頼いただける試験を目指して、その強化・拡充を図ってまいります。